« 限られた資源で勝つ~星野リゾートの例で考える~ | トップページ | 野生との遭遇 »

2012年4月22日 (日)

秘境のスキー場と小さな奇跡

とある先輩から、ハイシーズンである1月~3月にクローズする珍しいスキー場がある、という話を聞いた。
聞くと、それは新潟にある奥只見丸山スキー場という場所で、自宅から2、3時間で行ける距離とのこと。

これは行かねばなるまい、ということで今日このスキー場に行ってみた。

長い長い関越トンネルを越え、晴れて気持ちのよい高速を飛ばし、
途中、岩肌丸出しのこれまた長い長いトンネルを走ってていくこと数時間。
到着したスキー場は春の陽気で、まさに春スキー日和という感じ。

滑っている人も、春らしくウェアを着ていない人もちらほら。

ここ魚沼市は、コシヒカリの産地でもあり、また世界有数の豪雪地帯でもあるらしい。
ウィキペディアに補足してもらう。

奥只見丸山スキー場(おくただみまるやまスキーじょう)は、
新潟県魚沼市(旧北魚沼郡湯之谷村)にあるスキー場。春スキーのメッカといわれる。
豪雪地にあるため、スキー場までの唯一のアクセスである奥只見シルバーラインが厳冬期は閉鎖してしまう。
そのため普通のスキー場と異なり、1月中旬から3月中旬までクローズする。
(閉鎖期間は積雪の多寡により若干前後することがある。
2005年度は積雪量が多かったため12月中旬から閉鎖された。)

20120421_1
(リフト下から)

20120421_2
(併設されている宿泊施設)

20120421_3
(残雪が残る山々)

20120421_4
(春の陽気の中リフトで上がる)

20120421_5
(遠くにはまだまだ雪が)

この写真を撮ったあとに、爽快な春スキーを2本ほど楽しむと、
車のキーが入っていたポケットが全開になっていることに気がつく。
「まさか…」とポケットの中を探ると、車のキーはすでにどこにもなくなっていた。

絶望的な気持ちを抱えつつ、滑ったであろうと思われる斜面を
ゆっくりとしたスピードで滑りながら、探す。

結局、見つからずインフォメーションに届け出、
公衆電話でJAFに電話を掛けようとして呼び出していたその瞬間、

「お客さん、それらしきものが発見されましたよ!」

どこかの誰かが発見してくれたおかげで
車のキーは奇跡的な復帰を果たした。

なにわともあれ、よかった!

« 限られた資源で勝つ~星野リゾートの例で考える~ | トップページ | 野生との遭遇 »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

なんか記憶にある展開…。
そのキーはかなりの幸運の持ち主だね。
よかったよかった

さすが、よく覚えてるね~。
あのときは、なくしたこと自体にも気づいていなかったから、
ある意味ではよかったけど、今回はほんと、肝を冷やしたよ。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1653761/44970906

この記事へのトラックバック一覧です: 秘境のスキー場と小さな奇跡:

« 限られた資源で勝つ~星野リゾートの例で考える~ | トップページ | 野生との遭遇 »

フォト

自己紹介

  • higu
    1985年に愛知県で生まれる。高校までを愛知で過ごし、大学は北海道大学に進学。大学在学中に短期留学(アメリカ)、海外インターンシップ(デンマーク)、海外ボランティア(インド)を経験。 大学卒業後、2009年4月から都内の某商社にて勤務開始。その後、様々な出会いがあり、2012年2月に会社を退職。現在は群馬で経営者目指して修行中。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ